JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

あれ?梅雨だっけ?と勘違いしそうなくらいジメジメとした日々が続いてて...心身共にカビが生えそう。。

リフレッシュしに美術館へ行かねば〜!

と思案した結果、今月は、東京都美術館の”ボストン美術館の至宝展”に決定ゆう★


 

そろそろ西洋美術を久しぶりに観たいと思っていたし、この展示会では琳派の作品も数点出るということで、いいとこ取りな感じに期待感大♫
しかも先日来日した「朝顔図屏風」を所有しているボストン美術館だから尚更ワクワク〜
ちなみに、東京都美術館は以前に来たことがあるようなぁ。。といった感じでほぼ初めてみたいな印象。


 

大江戸線で上野御徒町下車なのですが、初めて使った地上出口から出ると、遠目に鬱蒼とした植物が見えた。
葉っぱが蓮…のような?でも、水面にひっそりと浮いている蓮しか見たことがないので、あの鬱蒼感は経験がない...
ドキドキしながら近づいて見ると、やはり蓮だ。
しかも満開ですっごい綺麗!!
ネットで調べたら蓮の名所なんですね、知らなかった〜。
しかも蓮って昼前には閉じるそうで、9時頃に着いた私は割と見頃ではないかと。
最盛期は過ぎたようで、散った痕跡が散見したけど、開花ピーク時はすごいことになるんだろうなぁ、蓮って本当に極楽感が凄い!!


 

で、東京都美術館に到着。
オープン20分過ぎだというのに結構人がいる。


 

いつも通りざっと全体を見てから、ポイントを絞って回る。
驚いたのは、司馬江漢の「秋景芦雁図」
何て言ったらいいのか...絵は日本画っぽいんだけど、なんか雰囲気が西洋っぽい。
圧倒的な存在感。
キャプションを見ると...日本画の西洋化(正確には忘れたけど、こんなような感じの内容)への功績が大きい画家とのこと。
すっごい納得。
本当に、なんだろ、この不思議な感じ。
wikipediaで調べると、洋風画の開拓者、とのこと。
読み進めたら、こんな文章が↓、どんな人物だったんだ。。
「晩年人付き合いが煩わしくなり、文化10年(1813年)自分の死亡通知を知人達に送り逼塞していた。どうしても外出せねばならなくなり、案の定知人と遭遇するや返事もせず逃走するもごまかしきれず、「死人は声を出さぬ」と答えた(『石亭画談』)。」


 

次は、喜多川歌麿の「三味線を弾く美人図」
素晴らしいです!繊細なタッチ!これは名品なのでは?とドキドキ。
恥ずかしながら、こちらの方も名前は耳にしたことがあるけど、よく分からない。。
ネットによると、
「繊細で優麗な描線を特徴とした美人画で知られる歌麿の作品は、写楽、北斎、広重らと肩を並べ国際的に高名な浮世絵師として広く名声を得ています。」とのこと。。
隣に酒井抱一の「花魁図」が展示されていて、そちらも良いなと思ったのだけど、逆に、歌麿の作品の凄さを感じてしまった。
繊細なタッチ?女性がとにかく色っぽく、緻密な感じ。


 

西洋画は、ゴッホの肖像画も良いなと思った(正直、ゴッホが異彩を放っているのを初めて感じた)けど...
やっぱり、ミレーの「ブドウ畑にて」「編み物の稽古」が好きき
有名な「晩鐘」や「落穂拾い」はフランスのオルセーで観たことがある。
その時も素晴らしいなぁと感動したけど、観ていると優しい気持ちが流れ込んでくるような気になり、作品もそうだけど、初めてミレーに惹かれた。絵を通して優しい気持ちが流れ込んでくるなんて、よっぽど優しい画家だったんだろうなぁ。
3枚目に飾られていた「洋梨」のキャプションには、「ジャガイモのほうがザクロよりも劣っているなんて誰かが断定できるというのか。」とミレーが言ったと書いてあった。人物像が気になるので検索するも、あまりよく分からず…ただ、名言を見つけた。

 

他人を感動させようとするなら まず自分が感動せねばならない。

そうでなければいかに巧みな作品でも生命を持たない。

 

本当にものを観るというのは目が開いているだけでは足りない。

心で感じているかどうかである。

 

一番大切なのはそれぞれが自身の仕事を常に進化させるように励むことである。

かっこいいですね。ゴッホにかなり影響を与えたとのことで、機会があればミレーの他の作品をもっと観たいなと思いましたヤッタvハート
いやぁ〜有意義な週末だったぁ〜〜〜〜手
↑上野で見た蓮


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 一瞬を切り取る写真では表現できない「季節の移ろい」
    コロコロ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM