JUGEMテーマ:アート・デザイン
 

最近、急に美術に対する興味が強まってきたのですが...私のはじまりは、’モネ’でした。

美術が好きな家族の影響で、尾形光琳や牧谿の特別展に幼い頃からなかば強制的に連れて行かれていましたがあまり興味なし。

けど、モネは好きでした。

理由は単純で、1番好きな色の青がとってもきれいだったからだったような気がします...汗

それでも、ほとんど自主的に美術館に足を運ぶことはしなかったのですが、旅行が好きだったので、海外に行った際にはその土地の美術館に行っていました。

 

最初は、初めてのアメリカ・ニューヨークでのメトロポリタン美術館

規模の大きさと、エジプト美術コーナーの部屋内にピラミッドがあったり、展示室全体の演出に美術館というより遊園地みたいに楽しく、美術館のイメージが覆りました。
 

そして、もっとも印象的だったのが、フランスに行った時のことです。

 

最初に、オルセー美術館
 

ここには、モネやセザンヌなど印象派の作品が多数。あと、憧れの’落穂拾い’を含むミレーの作品が複数。とても楽しみだったのでワクワクしながら来館....
 

そしたら、えっ...なんだろ、この違和感。。
 

モネを含む印象派の作品は、光の当たり方によって印象が変わるのが素敵だと思っていたのに、部屋の隅の暗い場所に置かれて、作品の色合いが暗いのに部屋も暗くて非常に見ずらい。。

なんか、建物に合わせて美術品を並べてる感じで窮屈そう、建物ありきの美術品展示。。
 

次にルーブル美術館に行く予定だったのですが、オルセー美術館でテンションが下がったので当初の予定より時間を短縮してルーブルに行くことにしました。

 

Lowテンションでルーブル美術館へ...
 

そしたら....衝撃....本当に衝撃的だった............時間を短縮したことを後悔して、結局、次の日も行きました。
 

特に、<サモトラケのニケ>。あまりにも感動して、この作品の前でどれくらいの時間を過ごしたことか...。

この作品の為に用意された空間?建物?...美術品の為に美術館が存在している感じ。

あぁ〜この作品はここに展示されているからこそ、こんなに輝いているんだなと思えて仕方ありませんでした。
 


最後に、オランジュリー美術館
 

ここは、1927年にモネの『睡蓮』の連作を収めるために美術館として整備されたそうで、モネ好きとしては絶対に行ってみたい美術館でした。

天井は、ガラス張りですぐ下に反射板(?ガラスの板?とにかく板。)があります。

楕円形の部屋の壁に睡蓮の絵がかけられているのですが、真上の天井から入った日光が板に当たって拡散し、壁の絵に向かって散らばった光が当たるようになっています。

中央に椅子が置いてあってそこに座って見ていると、ラッキーなことにその日は、太陽が雲で隠れたり出たりしたのでその都度、光の具合で絵の印象が変わるのが本当にステキでした。正しく...作品のための美術館。
 


アートルームができて初めて行った際、この時のことを思い出しました。

あぁ〜美術品のために建物があるみたいだなぁ...と。
 

そしてまたなぜこの話(アートルームがルーブルみたいだった)を思い出したかと言うと...
 

先日、好きな画家の作品が出ているということで、ある美術館に行ってきました。

あまり批判的なことは言いたくないのですが、その美術館はオルセーだったのです。

素晴らしい作品なのに十分なスペースを用意せず、なんだか窮屈そう...あまりにも近接しているので、いくつもの作品を同時に見ているのかと思ってしまう。1つの作品を見ようとしても隣の作品が目に入るからその作品に集中できないのです。十分なスペースがないので、なんだか見ている人たちも窮屈そう。勿体無いなぁ...。
 

私のこの感覚を共有できるか人がいるのか?いないのか?興味があります。
 

ちなみに、その美術館の帰り道に新宿御苑に寄り道。

紅葉が本当にステキでした。

イチョウの黄色い葉、真っ赤なもみじ...などなど。

色自体もステキだけど、やっぱり、あの、葉がハラリハラリと落ちる感じがいい。容姿だけでなく、身のこなしも美しい。

そして、足元では、秋にその美しい花で楽しませてくれたタイワンホトトギスが花を枯らした後の姿に種をつけていました。
季節は巡っているんだなぁ...としみじみ。




そこで、伊勢物語の一首を思い出しました。
第四段、身分違いのために終わった恋を引きずる男性が読んだ歌。

    月やあらぬ春やむかしの春ならぬわが身ひとつはもとの身にして

毎年同じように季節は巡るけど、自分の心は別れたあの時のまま(まだ貴方のことを想っています)、という意味です。

その彼の恋心と自分の今の心情が重なったというわけではなく笑、
あぁ〜植物は次へ次へと進んでいるんだなぁ、季節は移ろっている...一方、タイワンホトトギスの花を楽しんだ頃の私に比べて今の私は何か向上しているのかな...と少し反省。

最近、植物園巡りをしているのですが、新宿御苑はけっこうオススメ。安いのにきちんと整備されているし、温室の植物も充実しています♪♪











 

  • 2017.08.19 Saturday
  • -
  • 22:06
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 一瞬を切り取る写真では表現できない「季節の移ろい」
    コロコロ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM